庭木としても使えるフェイジョア
果樹ですが、葉と花の取り合わせがとても美しく、最近は庭木としても利用価値が高くなってきた樹木です。

常緑の卵形の葉は、表面は濃い緑色、裏はシルバーのような白っぽい色をしています。
5~6月に咲く直径4㎝ほどの花は、個性的で情熱的な雰囲気。
食べることができるエディブルフラワーです。

果実は10~11月につきます。
1本だけで結実する品種もありますが、異なる品種を混植した方が実つきが良くなります。

日あたりを好み耐暑性があります。亜熱帯地域原産の果樹としては珍しく寒さにも強いです。生長は遅い方です。
花芽は枝先につくので、枝先を切り詰めてしまうと翌春に伸びた枝に花がつきません。
切り詰め剪定は行わず、春の芽吹き前に徒長した枝や込み合った枝、根元からでているひこばえなどを間引きして樹形を維持します。
病害虫の被害はあまりない方です。
(フトモモ科フェイジョア属 常緑中低木)
フェイジョアの情熱的な花
真ん中のツンと尖った雌しべをたくさんの鮮やかな赤色の雄しべが囲みます。花弁は肉厚でふっくらとしています。
フェイジョアの花 咲き始め
花びらの内側は赤褐色、外側は淡いピンク色。
フェイジョアの蕾
ころんとした蕾も可愛いです。
フェイジョア 果実
果実は緑色をした楕円形。
フェイジョア果実
熟すと果肉がゼリー状になり芳香と甘みがあります。
フェイジョア植栽例
福井市 T様邸(右端がフェイジョアです。)
フェイジョア ソヨゴ アオダモ 人工芝 人工木デッキ
越前町 Y様邸(左がフェイジョアです。)