ウッドデッキ

室内と庭をつなぐアウトドアリビングのような空間として根強い人気があるウッドデッキ。

従来の多くのデッキに使用されてきた天然木材(ソフトウッド)で造ったウッドデッキは、1~2年毎の塗装など、こまめなお手入れが必要でした。
メンテナンスを怠るとシロアリの被害にあったり、環境にもよりますが7、8年程で老朽化してしまうことが多くありました。

最近のウッドデッキは、人工木材または天然木材でも20~30年は腐らないといわれる木材での施工が主流となっています!

人工木材 ウッドデッキ床板
人工木材

天然の木粉と樹脂を配合して人工的につくられた木材です。
天然木のリアルな木質感を再現しつつ、耐候性・耐久性に優れ、腐食やシロアリなどの被害の心配もほとんどありません。
また、塗り替えなどは必要なく、キズや汚れのメンテナンスも容易です。
人工木材の特性上、熱による伸縮があります。
日中、日差しが強い時は、天然木材よりも表面温度が熱く感じられます。 
天然木 ハードウッド ウリン 
天然木材

ハードウッドと呼ばれるウリン(ビリアン)、アマゾンジャラ(マニルカラ)、イペなどの非常に硬い木材やエコアコールウッドという国産杉に保存処理を施した木材なら、防虫、防腐剤塗布などの定期的なメンテナンスをしなくても、20年~30年の耐久性があります。
虫による食害に強く、水中や海中でも使える木材です。
ウリンなどは伐採量の規制があり、価格は高価になってきています。
人工木デッキひとと木 シマトネリコ
腐食の心配がなく塗り替えも必要ない、お手入れが簡単な人気の人工木材で造ったウッドデッキ
エコアコールウッドデッキ モデルガーデン
自然な風合いが魅力の天然木材で造ったウッドデッキ。20~30年の耐久性があります。
PAGE TOP