海を感じるリゾートガーデンへリフォーム
『海が感じられる庭』がコンセプト。高台から海を見下ろすように、夢が膨らむデザインでお気に入りの空間を演出しました。 庭への導入部分が狭い変形の土地を活かして、奥には広々とした異空間が広がっているようなイメージの庭です。 シャビーブルーの「カンナフレンチシック」とフェンスがリゾート気分を盛り上げます。
平屋の建物を彩る外構
平屋の建物とのバランスを重視した高級感のある外構です。目隠しのエバースクリーンと塗壁の内側は、造り付けのベンチがある庭。夜は樹木やスリットフェンスから漏れる照明の陰影が平屋の建物を彩ります。
建物を引き立てるアーリーアメリカン調の外構
クラシックな風合いのアイボリー色のレンガを主に、アーリーアメリカン調の外構を施工しました。シンプルで個性的なグリーンの外壁が綺麗に見えるように、外構で凹凸感やリズム感を演出しています。
緩やかな弧を描く壁泉のある庭
エステティックサロンという非日常をゆっくりと愉しんでいただくための癒しの庭です。待合室とエントランス部分の2方向からのフォーカルポイントとなるよう壁泉を配置し、シンプルで高級感のある空間を演出しました。
癒しと華やかさを演出する庭空間
遊技施設の休憩所の庭です。3つの空間に分かれた庭を中央のシンメトリーな庭が繋げます。夜はインパクトのある光るプランターが華やかさを演出します。
大人の上品さが漂うナチュラルな外構・エクステリア
ナチュレホームの建物に合わせて、アンティークレンガの石畳、丸みを帯びた曲線の門柱、天然木の縦張フェンスなどでお施主様のお気に入りやこだわりをカタチにしました。可愛すぎない大人の上品さが感じられるナチュラルな外構です。
魅せるファサード空間
エバーアートボードの大きなゲートのような門柱が、立体的に空間を仕切る門まわりです。階段の上下を連続するピンコロとともに、フットライト、ポールライトが目線をエバーアートボードの門柱に向かってまっすぐに誘導します。
陰影を愉しむ和風モダンな中庭1
壁を挟んだ前後の樹木をライトアップし、二枚壁の間から円の中だけを照らし出して石の陰影を強調した中庭のライティング。しっとりとした雰囲気を醸し出します。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ
園路からテラスへと花壇のお花を愛でながら回遊するように散策できるお庭にリフォームしました。ガーデニングの合間に座って寛げる石張りのベンチも設けています。
カーポートに負けない存在感のある門まわり
3台用カーポートの印象を少しでも薄め、家とのバランスや色味を配慮した存在感のある外構で建物を引き立てたいという意図で施工したW様邸。自然石張りやアラピド仕上げの床、遠近感を演出した立体的な門柱で、視覚的に単調にならないようにして広い敷地とのバランスをとりました。
景色づくりを重視した夜のドッグガーデン
マリンランプやキューブ型のウォールライトが壁を彩り、リング状のフットライトや直線的なLEDバーが足下を照らします。実用的な明るさは確保しつつ、デザイン性の高い照明で明る過ぎない落ち着いた空間になるように仕上げたライティングです。
光で癒されるセカンドリビング 庭の照明
白色の塗壁やフェンスの反射光で明るくなり過ぎないように配慮しながら、心地良さや落ち着きを感じられるようにライトアップした庭。フェンスのすりガラス調のポリカパネルが、光を通して横のラインを強調します。
家族で過ごす夜の中庭
石積みの凹凸と下草の輪郭を優しく照らし出すグランドライト、樹木の美しさを際立たせるスポットライトなど、庭の付加価値をぐっと高める庭照明で、夜も眺めていたい、夜も外に出て過ごしたい庭になるよう施工しました。リフォームすることで、家族の新しいコミュニケーションの時間が増えたT様邸の中庭です。
視線を導く灯り
リズミカルに配置した足元の灯り、反射光で輪郭を浮かび上がらせた植物、陰影を壁面に落とし込んだ樹木など。ひとつひとつ違った手法で効果的に配置された灯りが、視線を奥に続く庭へと導いていきます。
ボーダー柄が爽やかなシンプルモダン外構
建物の雰囲気に合わせて、モノトーンですっきりと仕上げたシンプルモダンな外構です。芝生を植えるのが本来の使い方である舗装材に、那智黒石の洗出仕上を施したボーダー柄が印象的です。正面からだけではなく横や右斜めの位置からの見映えも重視した門柱は、ライティングで魅せることを前提にデザインしました。
PAGE TOP