平屋の建物を彩る外構
平屋の建物とのバランスを重視した高級感のある外構です。目隠しのエバースクリーンと塗壁の内側は、造り付けのベンチがある庭。夜は樹木やスリットフェンスから漏れる照明の陰影が平屋の建物を彩ります。
建物を引き立てるアーリーアメリカン調の外構
クラシックな風合いのアイボリー色のレンガを主に、アーリーアメリカン調の外構を施工しました。シンプルで個性的なグリーンの外壁が綺麗に見えるように、外構で凹凸感やリズム感を演出しています。
角地をおしゃれに彩る外構 エクステリア
建物の外観とご家族全員の好みに合わせて、ディーズガーデンの大人可愛いテイストでまとめた外構です。 角地なので、できるだけ玄関から歩く距離を長くとるようにデザインしました。
踊り場を設けたアプローチ
道路から玄関までの距離が近く高低差もある立地条件に合わせて、途中に踊り場を設けたデザイン。広くて使い勝手の良い踊り場は、敷地内から段差なく出入りができます。
個性的な建物を引き立てるナチュラルな外構
建物の雰囲気とお施主様の好みを反映させたデザインでナチュラルに仕上げた新築外構とお庭の施工例です。 奥行きの狭い玄関先や殺風景になりがちな化粧砂利敷きの庭を可愛い雰囲気に仕上げました。
大人の上品さが漂うナチュラルな外構・エクステリア
ナチュレホームの建物に合わせて、アンティークレンガの石畳、丸みを帯びた曲線の門柱、天然木の縦張フェンスなどでお施主様のお気に入りやこだわりをカタチにしました。可愛すぎない大人の上品さが感じられるナチュラルな外構です。
魅せるファサード空間
エバーアートボードの大きなゲートのような門柱が、立体的に空間を仕切る門まわりです。階段の上下を連続するピンコロとともに、フットライト、ポールライトが目線をエバーアートボードの門柱に向かってまっすぐに誘導します。
カーポートに負けない存在感のある門まわり
3台用カーポートの印象を少しでも薄め、家とのバランスや色味を配慮した存在感のある外構で建物を引き立てたいという意図で施工したW様邸。自然石張りやアラピド仕上げの床、遠近感を演出した立体的な門柱で、視覚的に単調にならないようにして広い敷地とのバランスをとりました。
程よい開放感でバラを愉しむ庭 外構
アルミ鋳物製の門扉や塗壁の隙間から見え隠れするバラの庭を楽しめるアプローチ。程よい開放感と上品な可愛さが感じられるようにデザインしました。内側の庭は自然石やアンティークレンガなどナチュラルな素材でまとめています。
建物と調和した和風モダンな門まわり
凹凸のある木目調のアルミフェンスと白色の塗壁を交互に組み合わせ、さりげなく視線を遮りました。セットバックしたRの塗壁には立体的なリクシルのGフレームを壁をまたぐように設置。建物との調和と間口の広い敷地とのバランスを意識してデザインした門まわりです。
愛犬と過ごすリゾートホテルのような庭
お施主様と愛犬のためのドッグガーデンの施工例です。落ち着いたリゾートホテルをイメージした芝生の庭には、二重扉や混合水栓のシャワーのある水場、大人数でもゆったりと過ごせるベンチ付きのテラスなど、飼い主さんがワンちゃん達と快適に過ごせる工夫が詰まっています。
高低差をつくらないアプローチ
構造物や段差を一切造らず、どの位置にでも車を止められるようにした施工例です。広い土間コンクリートは単調にならないように縦のラインを強調し、高低差のないところでもひと目でアプローチとわかるように個性的に仕上げました。庭はフェンスで目隠しをした人工芝とタイルのセカンドリビングです。

自然石で統一した純和風外構
道路のカーブに沿って、建物が斜めに見えてくる立地条件に合わせ、緩やかにカーブした年配の方にも優しいアプローチを造りました。目線の先にシーンづくり・景色づくりをしてあるので、飽きることなく玄関までたどり着けます。白、錆色の御影石をアクセントに、丹波の石、スレートの自然石など、素材はすべて高級感のある本物の石を用いた純和風の外構施工例です。
ウッドバーと乱形石の自然なアプローチ
天然素材でまとめたナチュラルなアプローチの施工例です。厚みのある不定形な乱形自然石を張り、斜めにとったアプローチは、実際の距離よりも長い印象を受けます。ウッドバーとスリットで立体感とリズミカルな動きを演出しました。 境界ブロック上にはタカショーのトレメッシュフェンスシングル、隣地との目隠しには、エコアコールウッドで横張のフェンスを設置しました。
ボーダー柄が爽やかなシンプルモダン外構
建物の雰囲気に合わせて、モノトーンですっきりと仕上げたシンプルモダンな外構です。芝生を植えるのが本来の使い方である舗装材に、那智黒石の洗出仕上を施したボーダー柄が印象的です。正面からだけではなく横や右斜めの位置からの見映えも重視した門柱は、ライティングで魅せることを前提にデザインしました。
PAGE TOP