散策とガーデニングを愉しむ庭へ 鯖江市

お庭のリフォーム施工例です。

たくさんのお花やバラが咲き誇る庭で、果樹なども育てて思いっきりガーデニングを楽しみたい、散策しながら途中で座れるような場所も欲しいというのがお施主様のご要望でした。
BEFORE
リフォーム前の庭

既存の庭は芝生と砂利、ブロック塀と生垣、
所々に植えられた樹木がある庭です。

芝生には雑草や苔が混じり、草むしりなどの管理も大変でした。
↓
AFTER
散策とガーデニングを愉しむ庭へ
園路からテラスへと花壇のお花を愛でながら回遊するように散策できるお庭にリフォーム。
ガーデニングの合間に座って寛げる石張りのベンチも設けました。残すかどうか迷っていらっしゃった生垣は、全部撤去してフェンスでしっかりとした目隠しを施しました。
平坦な印象にならないように、テラスや花壇にはあえて高低差をつけています。

ボリュームのある枝張りの樹木はアオダモです。
このアオダモ越しに奥のベンチが見え隠れするようにレイアウトしているので、入り口付近や室内からも座っている姿が丸見えにならず庭で安心して過ごすことが出来ます。

散策とガーデニングを愉しむ庭へ ライティング
夜の表情です。
歩いた時に目線の移っていく箇所に照明を設置しています。
フォーカルポイントのデザインウォールにはウォールライト、足元は園路に向かって咲く花の形のパスライトで愛らしいイメージにまとめました。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ ライティング2

散策とガーデニングを愉しむ庭へ ライティング3

BEFORE
リフォーム前の庭2
駐車スペースの後ろ側にある庭で、道路とは高低差があります。
客間とお母様のお部屋に面した奥に細長いスペースです。
→
AFTER
散策とガーデニングを愉しむ庭へ2
幅が狭く段が急で危なかった階段もリフォーム。車の邪魔にならないように手前は狭く、上りきったところの幅は広めにとりました。
BEFORE
リフォーム前の庭3
芝生ですが和風のイメージが強かった既存のお庭。奥に見えるのは、ツゲを刈り込んで亀の形にしたトピアリーです。
→
AFTER
散策とガーデニングを愉しむ庭へ3
ゲートのようなフレームが空間を仕切ります。
フレーム効果で全体が切り取られた景色のようにみえ、奥にある庭への期待感を煽ります。このフレームにはゆくゆくはバラを絡ませる予定です。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ パース
ご提案パース
階段を上がってくると見えてくるこの景色がポイントです。

散策とガーデニングを愉しむ庭へ4
斜めに角度をつけて配したデザインウォールがフォーカルポイントになって、古いブロック塀の存在が気にならないようになっています。
園路は石畳ではなく、小さなお孫さんも歩きやすいように自然石の乱張りで施工しました。
途中に違う素材を入れてアクセントに。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ5
最終的に一番視線が集まる箇所には、アナベルやバラなど奥様のお好きな植物を植栽。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ6
背もたれのあるベンチ。壁を背にするので安心感があり、周囲の目線も気にならずに寛げます。
BEFORE
リフォーム前の庭4

→
AFTER
外からフェンス パース
ご提案パース
土留めには既存の御影石平板を再利用。外部から見るとぐるりとフェンスで囲われた庭です。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ7
外からは単調に見えがちなフェンスは、180㎜と60㎜幅の板を交互張りにして強弱をつけました。
洗出仕上げのテラスは曲線でふところをつくって、植物が育ってきた場合に全てが見えないようなデザインにしています。
散策とガーデニングを愉しむ庭へ8
管理のし易さを最優先し植物は花壇の中にまとめました。
既存の沓脱石も景石として再利用。
思い入れがあるトピアリーの亀さんも移植して新しいお庭に違和感無く馴染ませました。
BEFORE
リフォーム前の庭5

→
AFTER
ベンチから パース
ご提案パース
散策とガーデニングを愉しむ庭へ9
奥からゲートの方を見た場合も、園路が回りこんで消えて行くように空間をデザインしています。
(庭のリフォーム施工例 福井県鯖江市)