エゴノキ

日本全国の野山や雑木林に普通に見られる樹木ですが、庭木としても人気があり、シンボルツリーにも向いています。

実には果皮に有毒のサポニンを多く含み、口に入れると喉や舌を刺激して「えぐい」ので、エゴノキという名前がついたそうです。
5月~6月に白い清楚な花を枝いっぱいにつけます。
枝幅が出て、放任しても樹形は比較的整った自然樹形を保ちます。
 
ピンクチャイム(アカバナエゴノキ)というピンクの花をつける品種は園芸品種となります。
(エゴノキ科 エゴノキ属 落葉高木)

  
PICT0189-1
花は下向きにぶら下がって咲きます。
PICT052-1
下から見上げると圧巻です。
PICT08-1
花が散った後は、まるで雪が降ったように真っ白に。
PICT0076-1
その後実になります。昔は若い果実を石鹸と同じように洗濯に用いたそうです。
PICT0035-1
中には種子が1個だけ入っていて、熟すと果皮は不規則に破れ種が露出します。