このプランは安いの?高いの?判断基準はどこですか?

お答え

見積もり金額は、総額ではなく、中身を確認することが大切です。

基本的に、外構や庭の工事はオーダーメイド。
電化製品や自動車などのように、どこで買っても商品は同じの既製品ではないことをまずご認識ください。
外構、庭の工事には職人の手による様々な施工が関わってきます。

まず、会社によって見積りの作り方や表記に違いがあります。
また何よりもプラン内容が直接価格に反映しますから、まったく同じプランでないものを単価で比べるのは、あまり意味がありません。

単価には見積書には表せない構造部分(基礎部分)、複雑なデザインには細かな施工技術が含まれている場合があります。
ですから、施工する会社によって違って当たり前なのです。
例えば、レンガ1個の単価が同じであっても、まっすぐに積むプランと、円を描くように積むプランでは技術料が違ってきます。

ただ、デザインやプランの良し悪しを比較することは出来るかと思います。
お客様の好みや要望を満たしていて、機能性があり合理的なプランかどうかが重要です。

プラン・見積りの説明を受け納得し理解した上で、総合的な内容をみて是非判断してください。

※プランは気に入っているのだけど、もう少し安く出来ないものか・・・と、
 そのプランを別の会社に持ち込んで、安いところに施工を依頼したらどうかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
 これは違法行為になりますのでご注意ください。


   価格や図面の取り扱いについては、こちらも合わせてご覧ください。

    ≫ グリーンステージの庭づくり