お隣との間のブロックや塀、フェンスが景観や目隠しをかねている場合は?

お答え

視線を遮ることにもなり、相手方の景観も変化します。
立地条件によっては日照権等の間接的問題が起こる場合があることも頭においておきましょう。

隣地境界に無関係な工事でも、少し大掛かりな工事の場合は、お客様より一声かけていただく方が良いかも知れません。
当店で施工させていただく場合は、着工日もしくは前日までに近隣の方々へ工事のご理解を頂くためにご挨拶に伺っています。