スタッフブログ

腐食に強いバラのアーチ 鯖江市
こんにちは。nejiです。

バラの咲き誇る庭♪ ガーデニング好きな方なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

私も以前は、デビッド・オースチンのイングリッシュローズやオールドローズをいろいろ育てていたことがあります。
今は棘のない白モッコウバラだけですが、幹がまるで樹木と化し、隣家の屋根までシュートがバンバン伸びて、パーゴラでも持て余し気味。

ツルバラはアーチに誘引する場合も多いかと思いますが、やっと成長して見事になってきた頃には、アーチの方が錆び錆びになり、腐食で壊れてしまったりしがちです。

鯖江市のT様邸もそんな状態でした。
BEFORE
支えきれなくなってきたバラのアーチ
施工前
→
AFTER
腐食に強く耐久性のあるバラアーチ
2011年 施工時
長期間にわたり防錆効果がある、電気亜鉛メッキ処理を施したロートアイアンのアーチを施工しました。
当店のオリジナルデザイン。
腐食に強く耐久性のあるバラアーチ 電気亜鉛メッキ処理済み
今年の春(2018年5月)の様子です。7年経った現在も錆もなく、しっかりとして安定感があります。

支えきれなくなったバラのアーチ
T様邸のもうひとつのアーチ 施工前
バラのアーチ
2011年 施工時
お庭のリフォームで、後ろに写っている白いテラスやスクリーンを施工した時に、耐久性が劣ることはご納得いただいたうえで、既製品のアーチに交換しました。
台風で壊れたバラのアーチ
・・・このアーチは、結局去年(2017年 秋)の台風で壊れてしまいました。
腐食に強く耐久性があるバラアーチ 電気亜鉛メッキ処理済み
そこで、今回はオリジナルのアーチを施工。もちろん電気亜鉛メッキ処理済みの腐食に強く耐久性があるアーチです。
腐食に強く耐久性があるバラアーチ 電気亜鉛メッキ処理済み
腐食に強く耐久性があるバラアーチ 電気亜鉛メッキ処理済み
腐食に強く耐久性があるバラアーチ 電気亜鉛メッキ処理済み
しっかりとした造りです。
丹精込めて育てたバラを、きちんと支え引き立たせてくれます。
(バラアーチ施工例 福井県鯖江市)

当店では、設置場所に合わせて、オリジナルデザインのアーチやパーゴラなども設計・施工が可能です。
既製品の簡易なアーチではご心配な方、ご興味のある方はスタッフまでお問い合わせくださいね。
モダンな建物にマッチするおしゃれな物置 Rico
こんにちは。nejiです。

施工事例に鯖江市のK様邸をUPしました。 ≫ クラッシュガラスの門柱がある外構
こちらも今までご紹介しきれていなかった施工例となりますが、
完工直後の様子をまとめましたので、宜しければご参考になさってください。

さて、6月に発売された新しいデザイン物置、ディーズシェッド Rico(リコ)のご紹介です。
今まで選択肢のなかった、モダンな住宅の外構にマッチする物置として好評♪
ディーズシェッド Rico

ディーズシェッド Rico 施工例

先日、メーカーである京都のディーズガーデンさんがカットサンプルを持って来てくださいました。↓
Rico木調部分 ライト
木調部分(材質:FRP)
color:ライト
Rico木調部分 ダーク
木調部分(材質:FRP)
color:ダーク
Rico本体 スチール(鋼板)グレー、ホワイト
本体(材質:スチール)
color:グレー、ホワイト
扉などの木製に見える部分は、カンナと同じく経年変化に強いFRP(繊維強化プラスチック)でできています。
色はライトとダークの2色。

本体のスチール(鋼板)部分は、グレーとホワイトの2色。特殊塗装が施されていて、温かみのある質感です。
ディーズシェッド Rico カラーパターン 4種類
木調部分と本体の色の組み合わせで、4パターンのRicoの中からお選びいただけます。
Rico ライト×ホワイト
ライト×ホワイト
ボケボケの画像ですみません。しかも色が全然違って見える…
Rico ライト×グレー
ライト×グレー
こちらの色が実物に近いです。
Rico ダーク×ホワイト
ダーク×ホワイト
Rico ダーク×グレー
ダーク×グレー
この背景で統一して写真撮るべきでしたね…(反省)
サイズなど詳しくはこちらをご覧ください。 ≫ おしゃれでモダンなデザイン収納 ディーズシェッド リコ 

シンプルモダンなカッコいい建物はもちろん、パターンによっては和風モダンな建物にも違和感なく馴染みそうです。

当店では、今後実際に皆様にご覧いただけるように、お店でのRicoの展示を予定しています。
気になる方は、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

明るいアプローチと青々とした芝生の庭へ 越前市
こんにちは。nejiです。

越前市のK様邸のお庭のリフォームの様子をまとめました。
完工直後にブログで一度ご紹介しています。 ≫  完工しました♪ 越前市K様邸

先日様子を見に伺ったら、芝生が綺麗に手入れされ、また、庭にプール遊びの道具なども置かれていて、すごく嬉しく思いました。
最近のお庭の様子を撮影してきたので、ご紹介したいと思います。
BEFORE
施工前の庭
カーポートと土間コンクリート、物置、ウッドデッキ2箇所があり、残りの部分は砂利が敷いてある状態の庭でした。

・殺風景な庭をなんとかしたい。
・東側の境界にフェンスが欲しい。
・玄関まわりをアプローチらしくしたい。
・可愛い門柱が欲しい。
・リビングとリビング前のウッドデッキの目隠しが欲しい。

というのが主なご要望でした。
↓
AFTER
アールフィックスフェンスの門柱、アンティークレンガ敷のアプローチ、芝生、目隠しフェンス
ランダムなアンティークレンガを敷いたアプローチと広々とした芝生のお庭にリフォームしました。

アールフィックスフェンスの門柱 アオダモ
アールフィックスフェンスがアクセントの門柱。
ウォールライトと花台付き。後ろに植えた樹木はアオダモです。
青々とした芝生の庭
完工後2年近く経過していますが、芝生も綺麗に手入れされています。
ご主人様が芝生の管理を担当されています。
リビング前のヤマコウバシ
リビングは、フェンスとヤマコウバシの樹木でさりげなく目隠し。

既存カーポート、玄関、石張りテラス、芝生、既存ウッドデッキへのそれぞれの動線を、可愛い葉っぱの形をした敷石でつなぐことで一体感が生まれ、広々と使えるお庭になりました。


石張りテラスとデッキをつなぐリーフの敷石 飛石風

アンティークレンガのアプローチ、リーフの敷石、飛石
BEFORE
施工前の庭

→
AFTER
ヤマコウバシ越しに玄関、アプローチ方向
緑がいっぱいのナチュラルで明るいお庭になりました。
ご提案パース 明るいアプローチと青々とした芝生の庭
ご提案パース
ご提案パース 庭から玄関方向
ご提案パース
ご提案パース 夜の様子
ご提案パース
(庭のリフォーム施工例 福井県越前市)
タカショー第9回光の施工例コンテスト 戸恒浩人氏特別賞を受賞しました♪
こんにちは。nejiです。

施工事例に鯖江市のS様邸をUPしました。   ≫  非日常を愉しむ庭

今までご紹介しきれていなかった施工例です。
最新施工例ではないのですが、完工直後の様子をまとめましたので、ご参考になさってください。

スクリーンを組み込んだ2枚壁の門柱
そして、お知らせです!

タカショー 第9回光の施工例コンテストの結果が発表されました。


今回は、敦賀市のK様邸が、戸恒浩人氏特別賞を受賞いたしました!


完工がコンテスト〆切ギリギリだったので、
急いで夜の撮影にお伺いしたK様邸。


素晴らしい賞をいただきまして、
スタッフ一同、大変光栄に思っています。
有難うございます。


K様邸の施工事例はこちらからご覧いただけます。


そして、コンテストの結果はこちらで発表されています。 ↓   是非ご覧ください♪
タカショー第9回光の施工例コンテスト
ころん&モブ ご対面^^
こんにちは。nejiです。
この度の大阪北部地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。
私事ですが、短大生の時に高槻に2年間住んでいました。当時の友人達とは今でも交流があって、
今回その友人のひとりが茨木市で被災されて大変だったので、本当に他人ごとではありません。

大雪に噴火に地震・・・最近自然災害が多すぎて怖いですね。どうかこれ以上の被害がありませんように。
どこが揺れてもおかしくない状態なので、備えが大切だと改めて思います。

ころんとmobu
さて、話は変わりまして・・・

先日ころんがneji家に2晩お泊りに来ました。
最初はワンワンバトルを繰り広げた2匹でしたが、
只今9か月の小学4年生男子のmobuのしつこさに根負けしたのか、
ころんがモブを上手にあしらう形で終息。

ころんはもう6歳半。人間でいうと42歳くらいですね。
すっかり大人になって、お行儀も良く、
neji家では、ころんの株がぐ~んと急上昇中です。


翌日は越前陶芸館に行って、広い芝生で思いっきり遊んできました。

この距離感。。。(笑)

ころんとmobu

ころんとmobu

モブは只今13.9㎏、ころんは6.5㎏くらいです。

モブには尻尾がありません。(オーストラリアンシェパードは使役犬(牧羊犬)なので、邪魔にならないように根元から断尾するのがスタンダードらしい)

30㎏のラブラドール×2匹と15年近く暮らしてきたnejiですが、
エネルギーとパワー溢れるワーキングドッグのモブには少々振り回され気味で手こずっておりまするぅ。

ころんとmobu
ころんに教育係を頼みたい!(笑)
コロン&mobu
ころん&mobu
ころんにとっては、もも&ブロッコリーのシニア大型犬よりも、天真爛漫なやんちゃ坊主との方がリラックスして過ごせたようです。
緊張で片足が上がっていることもほぼなく、2匹のこんな笑顔も見れて、ホッとひと安心。
めでたしめでたしの初顔合わせでした。
PAGE TOP