キンコウカ (冠山にて)

毎日暑い日が続きますね。

熱中症のニュースも耳にしますので、皆様、お身体ご自愛くださいね。

日焼け&シミ対策は万全に!のお年頃のnejiです。

17日のお休みに冠山に登ってきましたので、まずは涼しげな画像を一枚^^。

ずっとガスっていて、汗が引くと寒いくらいでしたよ。

ニッコウキスゲもタテヤマリンドウも終わっているので、

お花は期待していなかったんですが、なにやら黄色のお花がいっぱい。

ヒメシャガのような細くて繊細な葉っぱと黄色の星型のお花。

尾瀬などの湿地にも自生しているキンコウカでした。

金光花とか金黄花と書きます。ユリ科キンコウカ属。

ずっとイワショウブの葉っぱかと思っていたので、

冠山に、こんなに群生していたなんて驚きでした。

登る時期が変わると、違った発見がありますね。

オオバギボウシとキンコウカ越しに冠平。

いくら私が植栽にこだわっても、

こんなさりげないのに画になる雰囲気にはかなわないな~と感じてしまいます。

こんな自然から学ぶ風景をお庭に活かせたらと思いますね。

植物は、オオコメツツジとノリウツギとシダでした。

今回は、登山道の脇に鳥の巣を発見。

穴の中に、はげちょびんのヒナ3羽がいて、卵も1個ありました。

手前のピンクの花はシモツケソウ、白いのはノリウツギ。

庭で使うシモツケは落葉低木ですが、シモツケソウは多年草で、葉っぱの形が掌状になっています。

下山途中。振り返ったら、頂上の烏帽子部分が見えました^^

午前中、足早に登ってきた冠山の様子でした。