取立山 水芭蕉のその後

こんにちは。nejiです。5月18日に登ってきた取立山の様子です。
画像はスマホで撮ったものですが、よろしければご覧ください。
取立山登山道
今年初なので身体慣らしのために、大滝コースから時計回りに周回しました。
取立山登山道1
こういうなにげない景色が大好き。
勝山に恐竜がいた頃から、きっと変わってないんじゃないかと感じます^^
クジャクシダ
クジャクシダ
取立山 大滝
大滝。落差は30mあるそうです。

取立山 大滝
マイナスイオン^^
大滝にて ヤグルマソウの赤ちゃん
滝つぼの近くのヤグルマソウの赤ちゃんが可愛かったです♪
ヤグルマソウ
(回想シーン:白山砂防新道にて)
ちなみにヤグルマソウの葉っぱやお花はこんなにでっかくなります。草丈1mくらい。
ユキノシタ科 ヤグルマソウ属。
取立山登山道 岩場
大滝の右側を巻きながら、岩場を登ります。
取立山登山道2
森林浴。快適♪
2回ほど沢を渡渉しながら進みます。
取立山登山道3
以前はお花にしか興味がなかったんですが、この仕事をするようになって樹木も観察しながら歩くようになり、なかなか前に進みません。^^;
アオダモ 取立山にて
アオダモ。
お花が咲いているとわかりやすいですね。
こつぶり山への稜線歩き
こつぶり山への稜線歩き。
大滝コースから勝山市内
勝山市内を見下ろしながら。
今歩いてきた稜線も見えます。
大滝コースは緩やかですが、登ってくると意外と長い・・・(笑)

こつぶり山頂上(標高1264m)まで着いたら、一休みして・・・

水芭蕉の花後 取立山
水芭蕉の群生地へ。

お花はすっかり終わってました。
暖冬だったので、例年よりもかなり早いですね。
(ちなみに2年前はこんな感じ → 取立山
水芭蕉 取立山
奥の小川付近にかろうじて水芭蕉らしいのものがありました。
水芭蕉とコバイケイソウの葉
ん?水芭蕉を押し退けるように生えているのは、コバイケイソウの葉っぱ。
ここにコバイケイソウも咲くとは知りませんでした。
コバイケイソウ 白山にて
(回想シーン:白山にて)
ちなみにコバイケイソウはこんな高山植物。こちらも草丈1mほど。
ユリ科 シュロソウ属。
水芭蕉 花後
野菜のようだった水芭蕉に別れを告げ・・・
取立山避難小屋
避難小屋を過ぎると・・・
取立平~取立山
快適な取立平♪ 取立山もすぐ目の前。

タヌキラン
おっ!!
これはもしかして。。。
タヌキラン
タヌキラン!
テンションUP ↑↑↑

タヌキラン
(回想シーン:草もの盆栽展にて)

ちなみにこれがタヌキラン。カヤツリグサ科 スゲ属。

このぷらぷらしている狸のシッポが私のツボ。
フデリンドウ
そして、小さな小さな・・・フデリンドウ。
フデリンドウ
10年以上前に初めて取立山に登った時に見かけたんですが、花期が短いのか、その後一度も出会えなかったんですよ。
今日来て良かった!
取立山頂上から白山、別山
取立山頂上(標高1307m)から。

あとは・・・一気に下るだけです。
ムラサキヤシオ
ムラサキヤシオ
ウワミズザクラ
ウワミズザクラ
ウワミズザクラの大木
大木でした!
ツクバネソウ
里山でもお馴染みのものですが・・・
ツクバネソウ
オオバユキザサ
オオバユキザサ
まだ蕾でした。雪のようなお花はこれからですね。
チゴユリ
チゴユリ
チゴユリ

マイヅルソウ
マイヅルソウもお花はこれから。
マイヅルソウ
こういう何気ない景色から学ぶことが多いんです。庭に活かせたらいいなと思います。
今回は、サンカヨウもリュウキンカも終わっていましたが、
ずっと気になっていた水芭蕉の花後の様子も確認できましたし、楽しい山行でした!
完全プライベートの山歩きの記事にお付き合いいただきまして、有難うございました。