スタッフブログ

ブロちゃんが虹の橋を渡りました。
こんにちは。nejiです。
一気に秋も深まってまいりましたね。

私事で恐縮なのですが、7月26日に愛犬のブロッコリーが天国の虹の橋を渡りました。13歳2か月でした。
このブログにも時々登場させていただきまして、有難うございました。

実はGW明けから、突然、ナックリング(足先が丸まって足裏がつけず、足の甲で歩く症状)が出始め、
あれよあれよという間に寝たきりに。。。約2か月半介護をしました。

母犬のももは12歳2か月の時に誤飲で突然逝ってしまい、看取れなかったことをずっと後悔していたので、
大型犬の介護は大変でしたが、ブロにはももにできなかった分も出来る限りの愛情をかけてお世話をしました。
高反発マットで床擦れを予防し、犬用の車イスをレンタルして、朝晩体を拭き、足をマッサージ。
でも、老化のスピードに薬もサプリメントも追いつかなかった感じです。
みるみる筋力が落ち、28キロあった体重は16キロに。(骨皮ヒラメちゃんというあだ名がつきました
ただ、食べなかったのは最後の2日間だけで、当日の朝も自力でお水は飲んでいました。
そして皆が休みの水曜日に合わせてくれたように、主人と私と息子の3人が見守る中、静かに虹の橋を渡っていきました。

11歳を過ぎてから2回の大きな手術を無事に乗り越え、最期は老衰だったので、大往生と思います。
後悔はありません。ただ、寂しくて腑抜けのnejiです。
15年近くラブラドールと一緒に暮らしてきたので、大袈裟かもしれませんが、
ひとつの時代が終わった。。。_l ̄l●lll ってくらいに、抜け殻状態です。
ラブラドールレトリバー もも4ケ月
2003年2月
ももが家族になりました。
ラブラドールとの暮らし
どこへ行くのも一緒♪
ラブラドールレトリバー もも&仔犬
2004年5月
ももの出産に立ち合い。。。
ラブラドールレトリバー仔犬9匹
9匹の仔犬わちゃわちゃ状態

ラブラドールレトリバー仔犬9匹 ミルク
飼主さん探しに奔走しました。
ラブラドールレトリバー ブロッコリー
黒いのがブロちゃん。

ラブラドールレトリバー ももとブロッコリー 海にて
ももとブロッコリー親子との生活は。。。
ラブラドール多頭飼い
両手に大型犬の幸せ
ラブラドールレトリバー ももとブロッコリー 海にて
いっぱい海も行ったし。。。
ラブラドールレトリバー ももとブロッコリー キャンプ
キャンプも行きました。
もも誕生日 7歳
誕生日のお祝いもしました。
もものあごちょん。
もものあごちょん。
ももとブロッコリー 可愛い尻尾
2匹との生活は、全てが癒しでした。
ももに寄り添うブロちゃん
2014年11月
虹の橋を渡ったももに一晩中寄り添っていたブロちゃん
犬は匂いで全てを悟るのだそうです。
犬の車イスに乗るブロ
2017年6月  お婆ちゃんブロ♪
車イスに乗ると、表情がパッと明るくなりました。
ラブラドールレトリバー ももとブロッコリー 庭にて
いつもneji家の庭には、2匹の姿がありました。

愉しい日々を有難う。
ももとブロッコリーとの大型犬室内多頭飼い生活を満喫し、そしてももとの別れ、ブロの介護、そしてお別れ。。。
保育園の年中さんだった下の息子は、今はもう大学生です。

ワンコのいない生活は考えられないので、落ち着いたらまた家族として迎えたいと思っています。
縁があれば...ですが。

そんな傷心の私を癒してくれているのは、看板犬のころんさん。
看板犬ころん のびのび

看板犬ころん のびのび1
相変わらずのこんなお姿に心が和みます。
ころん、毎日出勤してきてくれて有難う

今日のブログは、プライベートなことを長々と申し訳ありません。
もも&ブロッコリーとのかけがえのない日々を、愛犬と過ごす庭づくりに活かしていけたらと思います。

最後まで読んでいただきまして有難うございました。
北陸ブランドコレクションに掲載されました。

お知らせです。


9月10日発売の『北陸ブランドコレクション』という雑誌に、当店が掲載されています!


各都道府県の一流店を紹介している一流店大図鑑シリーズの北陸版で、

福井・石川・富山・新潟の名門旅館、一流レストラン、伝統の技、ファッション、ヘアサロン・・・等々、

上質な生活を求める人々へ向けて、厳選されたお店が紹介されています。

北陸ブランドコレクション Hokuriku Brand Collection
北陸ブランドコレクション エクステリア
エクステリアのページの写真は、 鯖江市のH様邸!

ゴールドと黒の紙面で、高級感があります。
北陸ブランドコレクション グリーンステージ紹介ページ

当店は96、97ページに紹介されています。


書店で見かけたら、

是非一度お手に取ってご覧ください^^

リゾート感あふれるお庭の写真が届きました♪
リゾートガーデン&夕陽 S様邸
こんにちは。nejiです。


先月お庭のリフォーム工事が完工した越前町のS様より、
社長宛てにこんなに素敵な画像が届きました!

S様邸のリゾート感あふれるお庭と夕陽のコラボ

施工後の写真撮影では、こんなタイミング良く撮れませんから、
お施主様だからこそ撮れる贅沢な景色です。
S様、どうも有難うございました!

このS様邸のお庭も、皆様に詳しくご覧いただく予定で、作業進めています。

施工事例掲載まで、今暫くお待ちください。
古いブロック塀を壊さずに一新♪ 越前市M様邸
BEFORE
古いブロック塀のリフォームと雑草対策 施工前の庭
こんにちは。nejiです。

古めかしくなったブロック塀を見て溜息。。。
雑草にうんざり。。。

そんなお庭のお悩みをお持ちの方は、とても多いのではないでしょうか。

越前市のM様もそんなお庭をなんとかしたいというご相談でした。
↓
AFTER
古いブロック塀をエバーアートボードでリフォーム
M様邸のリフォーム後のお庭です。

既存のブロック塀は壊さずに再利用。
高耐候性のラッピングシートを貼ったアルミ建材パネルをブロック塀に直貼して化粧直しをしました。

BEFORE
古いブロック塀のリフォームと雑草対策 施工前の庭1

→
AFTER
古いブロック塀をエバーアートボードでリフォーム1
大人数でバーベキューなどが愉しめるカラーコンクリート仕上げの広いテラスと柔らかい曲線のレンガ積み花壇を設けました。

防草シートと珪石砂利敷きで雑草対策もして、すっきりとした庭に。
BEFORE
古いブロック塀のリフォームと雑草対策 施工前の庭2

→
AFTER
古いブロック塀をエバーアートボードでリフォーム2
広い面積を占める背景の壁面が一新され、カーテンを開けて眺めたい明るいお庭になりました。

(庭のリフォーム施工例 福井県越前市)
タカショー エバーアートボード カットサンプル
今回壁面に貼ったのは、タカショーのエバーアートボードという屋内・外用の化粧建材ボードです。
M様邸ではトラバーチンという石柄を使用しました。

ちなみに、鯖江市のN様邸のゲートのような門柱も同じエバーアートボードで製作したものです。
≫ 魅せるファサード空間

カラーバリエーションは現在なんと80色もあります。そしてまだ増えそうな感じです。
和柄や木柄、石柄、塗り壁柄などがあって、どれも本物に忠実にリアルに再現されています。

本物のレンガや塗壁は白華や水垢汚れなどが避けられませんが、そんな心配がなくお手入れが楽なのも嬉しいところです。
変色やシートのはがれ、ボードの割れについてはメーカーの10年保証もついているので安心。

当店にカットサンプルが全色揃っています。ご興味のある方はお声をかけてくださいね。
エクステリア&ガーデンフェア名古屋2017に行ってきました。
こんにちは。nejiです。

ポートメッセなごやで開催されていた「エクステリア&ガーデンフェア」の様子です。
タカショー  ルーフ ライティングフェイス
タカショー 
ルーフ ライティングフェイス
ダウンライトではなく、桁と一体化した照明がおしゃれ。
ユニソン グラニスストーン
ユニソン
大判サイズの自然石プレート。新色。
三協アルミ ルーバースクリーン ウチミズ
三協アルミ
ルーバースクリーン ウチミズ
保水ルーバー材に水を浸透させることで、風を冷やし熱気を和らげるんだそうです。
表札

表札1


表札はサンプルがないですから、展示会で見れるのが嬉しいですね。

佐藤さんカッコよかったです。
重森さんを見ていたら、 元気かな~と思い出したネコちゃんあり。
リクシル タイルデッキ
リクシル
6月1日に発売ほやほやのタイルデッキも展示されていました。

リクシル タイルデッキ アルミ基礎構造
人工木デッキと同じアルミ基礎構造なので、室内の床とほぼ同じ高さで設置が可能。建物の床下換気口をふさがずに掃出し窓にすっきりと納まります。
タイルは600角の大判タイル。
色はアイボリーとブラウンの2色です。
リクシル 独立オーニング
リクシル
こちらも6月1日発売の独立オーニング。
本体カラーは4色、キャンバスは5種41色もあります。
リクシル 独立オーニング1
キャンバスの開閉がとっても軽くて滑らかでした。
日除けだけでなく、水を逃がすことが出来る勾配がついているので、突然の雨でも安心。
三協アルミ  歩行者用補助手すり ジーエムライン
三協アルミ
歩行者用補助手すり ジーエムライン
角柱ではなく、90°コーナー支柱納まりがシャープですっきりとした印象。
東洋工業 ガーデンシンク クラッシー1
東洋工業
ガーデンシンク クラッシー
カタログで見たときは特別なんとも思わなかったんですが、
実物はおしゃれで、個人的にすごくいいな~と感じたのがこれ。
東洋工業 ガーデンシンク クラッシー1
このシリーズの良いのは、
シンク・天板・本体とフレーム・蛇口などをご自身の好みでそれぞれ選んでカスタマイズできるところ。
東洋工業 ガーデンシンク クラッシー2
例えば、こちらは丸い陶磁器のシンク+ホワイトの天板+ホワイト&ブラックの本体+ブロンズ色のスワンタップ(蛇口)をセットにしたもの。
オプションでキッチンツールなどを引っ掛けたりできるデザインパネル、タオルがけにもなる前面ハンガーバー(ブラック)付。
東洋工業 ガーデンシンク クラッシー3
こちらはラージシンク。洗い物がしやすい天板一体型。
下に置いてあるのは、オプションのスツール兼用棚。
お子様の踏み台としても使えます。

主婦の目線から見ても、いろいろ考えられているなと感じました。

植物のブースでは、去年は珍しい多肉植物がいっぱいあったんですが、今年はあまり目新しいものがなくてちょっと残念だったnejiです。
でも、エクステリア&ガーデンのメーカーさんの新商品や注目商品を、実際に見て手に取って体感できた貴重な1日でした。
また今後のプランに反映していきたいと思います。
PAGE TOP